管理事業

一覧へもどる

賃貸マンション経営において、高い入居率を保つための入居者募集、建物管理、入居者対応をしっかり行うことが重要なポイントとなります。
グッドライフカンパニーはオーナー様の利益を最大化するため、賃貸マンション経営のプロが運営の代行をいたします。

入居者募集業務

不動産管理
99.2%

2017年5月の入居率
(毎月1日更新)

現在、日本の人口は減少の一途をたどっています。核家族化により世帯数は横ばいといえますが、人口減少、高齢化は賃貸経営において深刻な問題として取り上げられています。 それと反比例するように、年々増え続けるアパート・マンション。借り手は増えず、商品ばかりが増える「供給過剰」な状況の中、賃貸経営の一番の敵は空室です。 いかに空室を埋め、入居率を上げるかということが重要になります。
グッドライフカンパニーでは、空室を出さないための入居者募集・空室対策に尽力し、高い入居率の維持を実現させております。

  • 1. 空室対策会議

    グッドライフカンパニーでは、週に一度必ず空室対策会議を行っております。現在の入居者の年収・所帯人数・勤務先・契約形態(個人・法人)・過去の契約者・空室期間などをデータ化し、空室の原因を追求します。そこで判明した問題点に対する具体的な対策を費用対効果の視点から考え、入居者募集活動を強化いたします。
    また、自社の営業マンが案内時に伺ったお客様の要望を汲み取り、より良い暮らしを提供できるよう努めております。

  • 2. 不動産会社とのネットワーク

    できるだけ多くの希望者へ募集を斡旋するために、入居者募集は自社だけでなく、入居者紹介を行ってくれる不動産会社へ募集の依頼をかけます。
    オーナー様の代理として、熊本県下135店舗へ物件情報を提供し、できるだけ多くの入居希望者を募ることのできる体制を整えています。

  • 3. インターネットによる集客

    現代においてインターネットの活用は不可欠です。当社では自社サイトはもちろんのこと、suumo、HOMES、athome、不動産連合隊などのあらゆるネット上において露出を増やし、集客 = 内見者数を増やします。

建物管理業務

賃貸物件の建物を維持管理する業務であり、大きくは清掃業務・点検業務・リフォーム提案に分かれます。
賃貸経営は長期保有スタイルを推奨していますが、急な売却を余儀なくされた場合、物件に魅力がなくてはいい条件での売却はできません。
常に、物件のメンテナンスを行うことにより、良い住環境と入居率を保ち、資産価値を維持・向上することができます。

1. 清掃業務
月に2~4回程度、エントランスなどの人々が多接する箇所や汚れやすい箇所を中心に清掃作業を行います。
コストがかかることですが、きれいにしていることで入居者へ気持ちよく長く住んでもらうこと、そして新規の案内時の印象アップを図り、 入居率を上げます。
2. 点検業務
毎月全物件、担当スタッフによる巡回点検を行います。設備等に異常がないかなどチェックを行い、電球等消耗品のチェックを行います。
また、違法駐車などの確認も行い入居者の満足度を向上することに努めます。
様々な問題点の早期発見にもつながり、結果的に無駄なコストの削減になります。
3. リフォーム提案
オーナー様の利益の最大化を目的としたご提案いたします。
リフォームの費用をかけること(支出すること)でどれだけの賃料を取得できるのか?賃料下落を食い止められるのか?売却価格にどれだけ反映されるか?など、オーナー様の利益にとってどのような効果が与えられるのか、全てのリフォームを行うにあたって基本となる考え方が「費用対効果」の視点になります。

入居者対応業務

家賃滞納はオーナー様にとって収入が上がらない帳簿上の利益だけが立ち、税金や退去費用だけがかかってしまうという非常に深刻な問題になります。
いかに滞納をなくし、回収率を100%に高める仕組みを作るかが重要です。
そこで当社では、以下の滞納防止の3段構えをとっています。

1. 家賃保証会社の加入
賃借人へ家賃保証会社に加入していただくことにより滞納を防ぎます。
原則すべての入居者へ加入していただくため滞納によるリスクは格段に減ります。
※保証会社とは契約時に入居者が一定の保証料を支払うことによって、家賃の滞納を保証会社が負担する仕組みを言います。
2. 家賃の自動引き落とし
家賃を振り込みにしてしまうと、忘れてしまったという人、何日間か入金を伸ばす人がでてきます。自動引き落としにすることにより、口座に残高さえ残っていれば自動的に引き落としがかかります。そのため、振り込みよりも圧倒的に滞納の可能性は低くなります。
原則すべての入居者は自動引き落としにしています。
3. 契約内容による抑止力
契約書において、滞納の延滞金はもちろんのこと、特約事項に「契約更新時に滞納等問題があった場合には、契約の延長を行わない」といった旨の文言を入れ、入居者への重要事項説明時にこの部分を説明することにより滞納への抑止力として働かせます。

入居者から寄せられる「設備が破損した」「夜中の騒音が迷惑」といったさまざまなクレーム・要望にも、グッドライフカンパニーでは迅速に対応・サポートいたします。(24時間コールセンター)